【リトポの裏テーマとは…?】スコーンのこだわり | 小さな紅茶屋さんLittleTeaPot

2021/10/03 15:22

こんにちは、金沢の小さな紅茶屋さんLittleTeaPotです。


今日はスコーンを焼く様子をご紹介します。

実は、リトポには、誰にも言っていない「裏テーマ」があります……
それは、
特別な材料を使わないこと!!

競に行かないと手に入らない食材…
遠方から取り寄せた珍しい食材…
そういう、特別すぎるものは使っていません。
その時の旬で新鮮な、ある程度普通に手に入る材料を使っています。

スコーンに限らずティーフードはすべて手作りしているので、一人で営業しているリトポではあまり手を掛けすぎてもいられません。
イギリスの田舎のお母さんが作ったり、インドの農園で茶摘みの休憩中に食べたり、そんな紅茶のバックボーンにリスペクトして、手の込みすぎない、素朴な内容を心がけています。

さて、ここで問題のスコーンですが。
わたしは、スコーンは、ざっくり作るのが、美味しいと、考えます!
もちろん、お好みですけどねw

ホテルメイドのパティシエに作られたかわいいスコーンも美味しいのですが、
小麦粉・バター・卵・牛乳…といたシンプルな材料でできているからこそ、作り方もシンプルに。
会席料理やアシェットデセールのような完璧に作りこまれた世界観よりも、
各家庭で味が異なるスコーンだからこそ、ざっくり、気軽な心持で作る方が美味しいと思っています。


ちょっと長くなったので、スコーンを焼く様子は、次回にしたいと思います。